Top >  ゴルフスイング理論 >  チンバック

スポンサードリンク

チンバック

大事なポイントは、両肩、両腕の力を抜くことなのです。
基本的には、左右の足のつま先をスクエアにして構えますが、15度ほど開いても大丈夫なのです。
バックスイングのタイミングをつかむのに苦手な人は、「チンバック(バックスイング開始時に自分のあごを右側に向ける)」してもかまいません。
うまく上体をひねられない人は、チンバックと同時になめらかに左肩を入れることも可能です。
バックスイングする時は、クラブのグリップエンドが「へそ」を指すように心がけましょう。
体のスピンだけでテークバックができていれば、おのずからグリップエンドは「へそ」を指します。
グリップエンドの位置がずれるのは、腕や手首の曲げを使ってバックスイングした時です。
バックスイングをしている時、クラブのシャフトが地面と平行になってから右ひじが曲がり始めるのが理想です。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ゴルフスイング  |  トップページ  |  次の記事 バックスイング  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。