Top >  ゴルフスイング理論 >  ゴルフスイング

スポンサードリンク

ゴルフスイング

アドレスから始まるのがゴルフスイングです。
正確なゴルフスイングは、正確なアドレスが行われることによってつながっていくのです。
まず、アドレスのセットは右の肩を右足の甲の真上に持って来ます。
右肩を右足の甲よりも前方に出してしまった前のめりすぎるアドレスや、反対に上体を起こしすぎたアドレスは体のスピンを妨害してしまいますし、バックスイングの際上体を水平に移動させる時や上下に運動させる時に悪影響がでてしまいます。
足の親指の付け根あたりに体の重心を持っていきましょう。
両肩を結ぶラインは、地面に対して平行に保ちましょう。
しかし、クラブを持っている手は、左手より右手の方が下ですから右肩が下がり気味になります。
大事なポイントは、両肩、両腕の力を抜くことなのです。
基本的には、左右の足のつま先をスクエアにして構えますが、15度ほど開いても大丈夫です。


スポンサードリンク

トップページ  |  次の記事 チンバック  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。