ゴルフスイング理論で飛距離アップ!について

ゴルフスイングは理論通り正しくスクエアに行えば誰でも簡単に飛距離がアップします。こっそりとゴルフスイングの改造に取り組んでゴルフ仲間を驚かせちゃいましょう!

スポンサードリンク

ゴルフスイング理論で飛距離アップ!最新記事

ゴルフスイング理論で飛距離アップ!イメージゴルフスイング理論で飛距離アップ!の記事を各カテゴリごと最新順に5記事ずつトップページで紹介しています。

ゴルフスイング理論で飛距離アップ!の古い記事を参照になりたい方は各カテゴリタイトル、またはページ最下部のサイトマップからのリンクをご利用ください。

肩のラインを斜面に対して平行にして立つことは大切:ゴルフスイング理論

目標に対してスクエアに構えるスタンスをとるのですが、左足上がりの足場ではテークバックする時には、クラブがインサイドに上がりやすくします。
そしてインサイドアウトの特性が強くなってしまう場合がありますので、目標をピンの左側に定めてもいいと考えられます。
斜面において、正確な角度でボールを上げるためには、斜面に逆らうことなく「肩のラインを...

肩のラインを斜面に対して平行にして立つことは大切について詳しく読む

ゴルフスイング理論

カテゴリ内新着一覧

ミドルアイアン:ゴルフスイング練習法

 
ショートアイアンで的確にグリーンを手中に収められるようであれば、ミドルアイアンのゴルフスイングのトレーニングを行いましょう。
番手どおりの飛距離やロフト角どおりの球筋を得られるようになるためには、ミドルアイアンのゴルフスイングの習得が必要なのです。
ミドルアイアンでグリーンをうかがえるようになると、ゴルフはより楽しくなるようで...

ミドルアイアンについて詳しく読む

ゴルフスイング練習法

カテゴリ内新着一覧

「腕五角形」と5番アイアン、7番アイアンの応用法:ゴルフスイング知っ得情報

パターの時と変わらないイメージでまっすぐなストロークを望むには、力の入った構えは良くないといえます。
左手でグリップを軽く握り、肩・肘・手首で五角形を作り上げます。
そして、クラブをぶら下げるようにもつと柔軟性のある構えになります。
パターのイメージで左手を浅くしてグリップを握れば、左わきのあたりに余裕が出てくるので、クラブをぶら...

「腕五角形」と5番アイアン、7番アイアンの応用法について詳しく読む

ゴルフスイング知っ得情報

カテゴリ内新着一覧

ゴルフスイング理論で飛距離アップ!関連読本ゴルフスイング読本

ゴルフスイング理論で飛距離アップ!関連読本ゴルフスイング関連グッズ

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo